腰痛

腰痛

腰の痛みには単に重だるいといったものから、身動きができないものまで様々あります。
腰痛の種類や程度によって、痛みや症状も違ってきます。
img_km_koshi_01

原因

ぎっくり腰(急性腰痛症) 腰の激痛のため身動きもできなくなり、寝返りをうつのも辛くなります。
しかし楽な姿勢で寝ていれば、痛みが緩和されます。
腰をまげたり、ちょっと体を捻っただけで起こることがあり、重い物を持ち上げた直後にも起こりやすく、注意が必要です。
またヘルニアの脱出である場合や、靱帯や筋起始部の小部分の断裂の事もあります。
坐骨神経痛 第四第五の腰椎の神経と仙骨の前面から出る神経の束が合わさり、お尻から大腿後面(太もも)さらに下腿後面(ふくらはぎ)へビリビリとする痛みがはしります。 多くは腰椎の椎間板ヘルニアや変形性腰椎症によります。
腰椎間板ヘルニア 腰から下肢の後ろ側に沿って痛みます。
ひどいときは背骨をまっすぐにして立つこともできないくらいの腰痛と足のしびれ、痛み等が起こります。
しかし座ると側彎が消失し、真っ直ぐになるのが1つの特徴です。
20代、30代の人に多く、椎骨と椎骨の間にある椎間板の中にある髄核が、後方に飛び出し、その為に神経が圧迫され、腰痛や坐骨神経痛を起こすものです。

※その他にも様々な症状があります。

ケア内容

からだの状態は人によって違います。
整体を基本とした様々な手法を使用して、各個人にあった施術を行います。
ひどくなる前にからだメンテナンスを受けてみませんか?